top of page

坐骨神経痛について

今回は坐骨神経痛についてお話しさせてください。



・座りっぱなしの状態が続くと痛みが出てくる。

・お尻から脚まで痛みがある。

・痺れた状態が感じられる。


こういった症状だと坐骨神経痛と言われます。


実は坐骨神経痛は、病名ではなく症状名なんです。

そんなのはどうでもいいですね。


坐骨神経は人体で最大の神経で、小指くらいの太さがあります。

かなり太いです。

なので、反応しやすかったりします。

なぜ、痛みが出たり痺れたりするのか。なのですが、

坐骨神経は梨状筋と言われるお尻の奥にある筋肉の下を

走行している人がほとんどです。


中には、筋肉の間を通っていたり筋肉の上を通っていたりと

4パターンの通し方があると言われています。


で、その梨状筋が硬くなって神経を圧迫することによって

痛みや痺れになってくるというのが、カラクリです。


だったら、その梨状筋をなんとかすれば解決だ!


と思われるんですが、実はそれだけでは解決しない時も

あります。

だから人間の体って厄介。。


梨状筋近い筋肉や骨の位置、身体の使い方を変えないと

根本からはやっぱり改善しにくい。


そして、期間もその人それぞれです。


でもそんな事言っても、自宅でも出来るストレッチは

お伝えし、現状からは良くなっていただきたいです。


動画撮りましたので、観てあげてください。

もっと詳しく聞きたい方は、メールお待ちしています。


動画はこちらをクリック!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://youtu.be/8Mp8kW9PqgE



では、また配信いたします。

次回は、お腹痩せか肩痛についてお話しします。


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page