top of page

ブログ

乗り越える べき事

更新日:4月15日



重心を越える
重心を越える

歩いていて腰が痛い


歩いていて膝が痛い


前屈すると腰が痛い


この様なことが起きている時には


身体にどんな事が起きているのか。


なんですが、一つ注目するのは


「重心がきれいに骨盤を越えられているか」


ここを見ます。


重心が 乗り越える ってどういう事なのか。


歩きで説明しますね。


歩きは、脚が身体の前に出て、後ろにいく。


これの繰り返しです。


ここは大丈夫そうでしょうか。


重心が越えられていないという事ですが、


前足が地面に着地して後ろに置くときは


骨盤の下を通ります。


この時に、腰が下がっていて「よいしょ」


って感じで無理に地面を蹴って送っている


場合があります。(腰が落ちている)


重心が上手く越えられていると、


「よいしょ」感がなく、


骨盤の下にスムーズに脚がきます。

(意識しなくても骨盤の下に膝が適度に伸びた状態でいる)


よいしょって蹴ることで、無駄な力が発生します。


本来いらない力が発生します。


それが負担となり、痛みとして出てきます。


この重心がきれいに越えられているかがポイント。


綺麗に越えようとして地面を蹴っても、


無理やりなので、結局無駄な力が発生してしまいます。


きれいに超えるためには、人によって原因は様々ですが


やっぱり背骨は柔らかくしておきたいです。


また背骨かい!!笑


そうなんです。それだけ背骨って柔らかくすることが


大切なんですよね。


お客様でもきれいに越えられない方は背骨が硬い


これ共通しています。


背骨のワークを行うと、越えられる能力が


復活するので、改善につながってきます。


同時に脚と骨盤の骨の位置関係も修正します。


やはり骨の位置関係でエラーが出ると、


動きも悪くなり、障害が出やすいです。


なので、整体とトレーニングというのはセットでやらないと


効果がしっかり出てきません。


どちらかだけでは、不十分。


そう思って、私はセットで行っています。


多いですね。腰が落ちている人。


あなたは歩いている時、腰が落ちていませんか?


重心がきれいに骨盤を越えられていますか?


では





閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page